トップページブログ | 2009年7月

2009年7月ブログ

Blog2009 July

2009.07.03 「広報」ということ

スーパーの店頭販売よりもネットでの販売のほうが上回ったそうだ。配送も無料だったり、3時間以内に配送してくれるなど、忙しい人や重いものが持てない人、車を持っていない人などに活用の幅が広がっている。野菜などはやっぱり目で見て選びたい気はするが。
最近は、景気悪化のため広告費等が削減されている。Webサイトもネットショップ等に出店した企業が、自社サイトを閉鎖したりという動きもあるようだ。もともと「広報」というものは、人が生きていく上で、どうしても必要なものではない。真っ先に削減対象になってしまうものなのだろうが、でもやはり、大きいショップに出店したからと言って自社サイトを閉鎖してしまうという現実はあまりに悲しすぎる。
どこの地域に行っても全国チェーンのお店が並び、地域の独自性がなくなってきている。ネットの世界もそうなってしまっているのだろうか。それぞれのお店には、それぞれの良さが絶対にある。不況の中でもこだわりを持って進んでいきたいものである。

2009.07.06 ウィンブルドン

中学で軟式テニス、高校で硬式テニスをしてきた私にとって、この時期は寝不足に陥る。そう!ウィンブルドンの試合をつい夜中に見てしまうからだ。昨晩も男子決勝がものすごい試合だった!テニスは技術的にはもちろんだが、精神的なものが大きいと思う。そんな中、5セットのフルセットでさらに16-14と戦ったフェデラーとロディックは、本当にものすごい心の持ち主だ。
テニスの世界だけでなくどんなスポーツでも、また仕事でも何でも言えることだが、弱気になった自分をどうにか奮い立たせ、前に向かって進む力は、きっと自分自身でしか作ることはできない。テニスのシングルスはもちろんコートに1人だし、会場の声とは別に自分の心の声との戦いだ。気持ちが弱っている時、なかなか新しい一歩を踏み出す勇気や攻める勇気は持てないが、そこは気持ちを切り替えて前に進むしかないのだ!弱気な気持ちを引きずっていてはやはり自分のパワーは発揮できない。緊張も弱気な心も踏み出す力も全部ひっくるめて、楽しむ力で過ごしていきたいものだ。
ちなみにcresure(クレジャー)の由来にはpleasure、そんな楽しみの意味も込められているんですよ!

2009.07.21 お世話になりました

飯能ケーブルテレビに勤めていた時代、大変お世話になった画家の遺作展が埼玉の近代美術館であり、久々東京方面へ。とても懐かしく、でも淋しい複雑な思いで会場に向かった。会場にはとても懐かしい顔があり、あついものが込み上げる。
私の知っている世界とはまた違う世界の姿。いつかはまたお逢いしたいなと思っていた方。会場にいると、ひょっこり現れそうな気さえする。取材時の風景や会話が懐かしくよみがえり、一緒にいる感じ。
あの時代、本当にたくさんのパワーをいただきました。何よりの励みになり、もっといいモノを作ろうという源になっていました。本当にお世話になりました。ありがとうございました。