トップページブログ | 2011年7月

2011年7月ブログ

Blog2011 July

2011/07/25 アナログ放送終了

今年の夏は、セミの鳴き声があまりしないのが気になります。。。最近の福島市内は、外壁の工事をしている建物をよく見かけます。うちの事務所もやっと外壁の修理が終わったのですが、工事関係の方が少しはひと段落して、外装まで手が回るようになったということでしょうか。
逆に、今になって会社を閉鎖するという話もちらほら聞きます。牛や除染の問題も山積みな福島市。夏休みに入ったこともあり転校する児童が多いとのこと。震災は、いろんな人の今後の人生を、様々な方向に変えたのは事実です。10年後、20年後、本当にどうなっているのか想像つきませんが、やっぱり少しづつ、自分が出来ることをやって進んでいくしかないんだなと実感します。後悔はしないよう、家族も含めてみんなで考えて、それぞれの道を一生懸命進んでいきましょう!

さて、福島、宮城、岩手の3県を除いて、アナログ放送が終了しました。そもそもなぜアナログからデジタルへ移行したのかというと、アナログからデジタルにすることによって、同じ内容のものでも少ない容量で放送することが出来るようになる。そうすると、電波帯にも余裕が出来、他の用途に活用することが出来るというのが一番のメリット。昔聞いていた話によると、空いたアナログ放送の電波帯で、防災関係の整備をするとのことでした。

その他にも、今後注目されるのが、その空いた電波帯を使用して、携帯端末用のテレビ放送です。現在のワンセグ放送に加え、災害情報やニュース、音楽配信の他、独自の放送をするというのも可能になります。最近はスマートフォンが主流になりつつありますが、スマートフォンでテレビを見ながら、インターネットを通じて同じ番組を見ている人と意見を交換したり、紹介された商品をその場で買うことが出来たりと、テレビを見ながらの交流やショッピングが当たり前になるのかもしれません。また、学校や遊園地など、それぞれの場所に限ったテレビ放送も出現してくるでしょう。それにより、今後の広告方法にも大きく影響してきますね。